無利息ローンを賢く活用する方法

無利息ローンがあるカードローンは、レイク、プロミス、ノーローンなどがあります。無利息ローンは、決められた期間内であれば利息は計算されず借りた金額のみを返済すればよいものです。

 

それぞれのカードローンによって、無利息期間や無利息貸付の条件が異なりますので申し込みの前に必ず確認しておくようにしましょう。無利息ローンに適している借り入れとは、返済日が自分で明確に分かっているときの借り入れです。

 

給料日まであと5日というときに、手持ちのお金がなくなってしまった、給料が入れば確実に返済できるぐらいの金額を5日間だけ借り入れしたい、といったときには無利息ローンは本当に便利です。

 

しかし、借り入れする目的は特に決まっていないけれど、無利息だから借りてもいいだろう、という考え方で借りてしまうと返済のめどが立たず、結局利子を払わなければならない通常のローンと一緒ということになってしまいます。

 

無利息ローンには、消費者金融が新規顧客獲得のためのキャンペーンとして行っているという側面もあります。これまで消費者金融といえば、やはり高利というイメージがありましたからうってかわって借りやすいという印象をうけますし、実際無利息期間に返済できてしまえば、本当に便利なものです。

 

無利息ローンは、はじめてその消費者金融を利用するときにのみ適用される場合と、何度でも無利息期間が設定される場合があります。自分の借り入れ目的にあわせて、借り入れ先は決めるようにするとよいでしょう。

無利息キャッシングとはどんなもの?

キャッシングでの無利息といっても、もちろん永遠に無利息というわけではありません。消費者金融などでの無利息は、期間が決まっておりその期間を過ぎてしまうと、当然のことながら利息を支払わなければなりません。

 

無利息のキャッシングというのをみると、つい申し込みたくなってしまいますが、借り入れ条件をきちんと確認しておく必要があります。無利息は、はじめてそのキャッシング会社を利用するときのみ、というキャンペーン的なサービスになっている場合もあります。

 

無利息の期間が終了すると、他の通常のローンに比べて高い金利が設定されている場合もあります。また、ATMの利用回数が規定を超えると、手数料が必要になるといった場合もあります。自分では、無利息期間中に絶対に返済できると思っていても、何が起こるか誰にもわかりません。万が一無利息の期限内に返済できなかった場合も考えて、利息の比較をしてから借り入れ先を決定するようにしましょう。

 

何度でも無利息で借り入れできる、というキャッシングもあります。この場合も、もちろん返済可能な金額のみ借り入れするようにしなければなりません。無利息だから多めに借りておく、といったことを繰り返していると、いつの間にか返済できない金額の借り入れになってしまっている場合もあります。

 

無利息のキャッシングは、期限内で上手に使えば利用者にとっては大きなメリットを得ることができるものです。きちんと計画を立てて借り入れを利用するようにしましょう。

消費者金融は専業主婦がお金を借りる所ではない

 

消費者金融は主婦でも借り入れが可能とされておりそれは公式ホームページ上にも大々的に宣伝されています。
しかしこれはあくまでも仕事をして収入を得ている主婦であり、その宿主は問われるものではありませんが、兼業主婦でなければ借り入れはできません。
残念ながら消費者金融は専業主婦がお金を借りる所ではありません。

 

配偶者貸付というものがあります。
貸金業法の中にある取り決めになりますが、収入がない専業主婦、もしくは収入があるけれどもパートなどによって低所得となる兼業主婦は配偶者の収入によって申し込みができることになっています。
ところが現状、消費者金融では配偶者貸付を行っているところはありませんので専業主婦がキャッシングできるのは消費者金融ではないこととなります。

 

だからといってお金借りる先がないわけではありませんが、返済能力を何よりも問われるキャッシングにとって収入がない状況は致命的ではあります。
専業主婦が暇なのかといえばそうではなく、むしろ家庭を守ることを専門にしていることによって責任の逃れ道がないものです。
世間一般に揶揄されているような軽いものではなく、あるデータによると専業主婦を時給によって給与を計算すると50万円になるといわれています。

 

お金が必要なタイミングは人によってさまざまではあるものの、家系の管理を一手に引き受けていながら自分には収入がないという状況はつらいときもあるでしょう。
消費者金融ではなくてもピンチを助けてくれる先はあります。